タオイストストーリー
Nihondokan Taoist Story
セレブなバスタイム酒風呂「崑崙の湯」

TOP > 酒風呂物語 > Story2 里美の場合

酒風呂物語 Story2-1
里美の場合

今日も会社は大忙し

正月休みの思い出は
彼といった初詣、
その日ばかりは着物着て
神様祈った幸せ結婚
今年こそはゴールイン

彼が本気かまだ不明
私はこんなに本気でも
実は彼が5歳下
だからあんまりせっつけない

初詣でのプロポーズ
期待したけど何も無し

微妙な年頃30過ぎて
毎年つのる焦りとあきらめ
女はつらいよ、じっとがまん

ちょっと太めの彼だって
その日はすてきに見えたっけ
私もすっかり女になって
靜かな祈りのひとときが
なんだかもう、遠い昔

今は書類にうもれてる

サイトTOPページへ戻るページTOPへ戻る

「道 -TAOの言葉」は、タオイズムの学校「日本道観 道家道学院」が運営している特設サイトです