このサイトについて

TOP > このサイトについて > 日本道観とは 

日本道観とは

ミッション

日本道観では、タオイズムを通して皆様の心と体の健康と、
明るく楽しくポジティブな輝く未来をサポートしています

ページTOPへ戻る

日本道観設立

日本道観は昭和55年にタオイズム普及のための道場として
福島県いわき市に早島天来(筆名/早島正雄)初代道長によって設立されました。 

早島天来初代道長は中国以外の人ではじめて
台湾にて道家龍門派第十三代を允可され、
嗣漢天師府(道教の最高機関)顧問となりました。 

現在、早島妙瑞道長が第十四代として継承し
全国を回ってタオイズムを学ぶ心と体の「気のトレーニング」(洗心術、導引術、動功術)を指導しています。

日本道観オフィシャルサイトへ

ページTOPへ戻る

本部、支部

福島県いわき市の総本部を中心として、
日本全国札幌から鹿児島まで10のスタジオがあります。 

それぞれの支部には総本部より
タオイズム指導者として認定されたスタッフが常駐し、
広い年代層の方々が集まって、
楽しく元気に人生を開くための心と体の「気のトレーニング」(洗心術、導引術、動功術)を重ねています。

ページTOPへ戻る

タオイズムとは

タオイズムとは中国に生まれた思想であり、
『老子』『荘子』を基本とする哲学で、

人間も天地自然に添って
明るく楽しくこだわらない生き方をすることが、
本来の姿であるという実践哲学です。

そしてどうしたら人間が楽しく生きてゆくことができるか、
考え、研究したのです。

人生を楽しくいきてゆくための3つのポイント
1.安らかな心
2.元気な体
3.事故にあわない強運

この3つのポイントを身につけていただくために、
日本道観では、全国の道家<道>学院で
「洗心術」「気の導引術」「動功術」
という3つの「気のトレーニング」を実践していただいています。

気のトレーニングが学べる道家道学院のご案内
道家道学院 入学のご案内
全国の道家<道>学院 学院一覧

道家道学院