TOP > コラム > 6月の言葉 「雨のしずくの輝きを知っていますか?」 

6月の言葉 「雨のしずくの輝きを知っていますか?」

晴れの日の緑の輝き
太陽の光がまぶしい
そんな日は朝から爽やかで
思わず大きく深呼吸!

でも今日はゆううつな雨

傘を持つのが面倒くさい
お気に入りのバックも濡れるから
気にして歩いていたら
水たまりでポチャンとはねた
ああ、靴の中までびしょびしょだ。

しめったコートのこの匂い
書類についた傘の水
こんな日は必ず足が冷たくて
心も重くなってくる

だから雨の日はきらい!

そんなふうに顔をしかめているあなた
ちょっと忘れていませんか?

雨のしずくの輝きは
太陽の光と同じくらいステキなことを

疲れた心に優しく響く
ぽとりぽとりと雨音の響き
乾いた心をうるおしてくれる
そんな優しさにあふれていることを

雨は木々を成長させ、
花を咲かせ、実らせてくれます
そして私達人間も、
水が無ければ生きてゆけないのに

それでもやっぱり雨の日はきらい

昔の人は雨を呼ぶ雲を龍と呼んで
雨乞いをしていました。
水をもとめて龍神様にお願いをしていたのです。

水が私達の生命をつないでいる
だいじなだいじなものなのに
都会の人は雨がきらい

自然はそんな人間の
勝手なつぶやきなんか気にしないで
天地自然の循環をゆっくり続けています

人間の歴史よりずっとずっと昔から
そして人間がこの世からいなくなっても
きっとずっと続いているのです。

それがTAO

止まることなく変化し動き続けるエネルギー
それに添って生きてゆくのが
人間の幸せな生き方なのだって
思い出しましょう。

天來大先生はおっしゃっておられました。
「雨が降ったら傘をさせばよい。
嵐が来たら家にいればいい
これが自然な生き方だ」と

天地自然は
私達人間をいつもあたたかく包み
そして邪魔にもせず、
追い出すこともしない。

雨のしずくの輝きを見つめてみましょう
雨音の優しい響きを楽しんでみましょう。

晴れも好き
でも雨も悪くない。

そんな楽しい生き方を
一緒にしてみませんか?

こだわりのない素直な心に戻って
心とからだの健康を取り戻し
どんな時でも楽しみを見つけられる
ポジティブな生き方を
学んでみませんか?

日本道観では
無為自然の対立の無い生き方
タオイズムを通して
皆様の明るく楽しくポジティブな
輝く未来をサポートしています。

今月のコラムはTOPページに掲載しています

 

道家道学院