TOP > コラム > 12月の言葉 「心とからだを大掃除」 

12月の言葉 「心とからだを大掃除」

気付いたらもう師走。
今年も残りあとわずか

今年はどんな年だったでしょう。
良いことも
困ったことも
大変だったことも
そして嬉しかったことも

すべてが時とともに
思い出になってゆく

あわいベールに包まれて
通り過ぎてゆきました

時間は薬

あんなにつらかった出来事も
時間がゆっくり心の傷を
いやしてくれるのです

とっても嬉しかった出来事も
今はあわいピンク色

天来大先生はおっしゃっておられました
「人生はタピストリーみたいなもの
絨毯を彩る
鮮やかな 金色や赤色の糸も
黒やブルーや灰色の暗い糸があってこそ
輝いて見えるのだ。」と〜〜

人生も同じ
良いことの後に つらいことが来て
また苦労のあとに 幸せが来る

だから人生はつづれ織り
いろいろあって楽しいのです


いろいろあった出来事で
すこし疲れを感じたら

今年のうちに
心とからだの大掃除
いっしょに してみませんか?

洗い流した爽やかな心で
あなたのいる世界を感じてみたら
随分違う景色がみえてくるはず

滞りをとって
元気になったからだで
いつもの仕事に取り組んでみたら
きっと さくさくと進むはず

心とからだの大掃除で
ぐっとレベルアップした 
「気のパワー」が
あなたの来年を
輝かせてくれるのです

さあ
ちょっとお仕事に疲れたら
立ち寄ってみませんか?

日本道観では
とても簡単な
心とからだの大掃除の秘訣
中国古来の「気のトレーニング」を
お伝えしています

今年もあとわずか
心とからだを大掃除
すっきり爽やかな新年を
お迎え下さい

今月のコラムはTOPページに掲載しています

 

道家道学院